大森果樹園について

大森果樹園

園主:大森秀俊
住所:栃木県塩谷郡高根沢町下柏崎29-1(アクセスはこちらから)
TEL:028-676-1976
FAX:028-676-2055
E-mail:ofg301014@gaea.ocn.ne.jp

大森果樹園は栃木県高根沢町にある果樹園です。

主な栽培品種は、りんご、ブルーベリー、いちごです。
また、これらの果実を贅沢に使ったフルーツジェラート&シャーベットの製造・販売も行っています。

2001年、栃木県からエコファーマーの認定を受託しています。(→エコファーマーとは?)

about_写真1

〜園主より〜

サラリーマンだった私が、りんごを作りを始めていつの間にか25年が過ぎようとしています。

その間に地球温暖化はどんどん進み、りんごの開花時期はこの10年で10日位は早くなり、
大きな台風や降雹なども毎年のように到来するようになりました。

食の安全性にこだわって、りんごやいちごも出来るだけ農薬を減らし、
安心、安全で美味しいくだもの作りを心がけています。

農園で収穫したくだものを使ったジェラートやシャーベットはすべて手作りです。
安全性にこだわり香料や着色料、保存料は一切入れません。

私の住んでいる所には、まだまだ里山の風景が残り、
フクロウやカワセミ、ホタルやカブトムシもたくさんいます。

この環境を守り、農業を守り校正に伝えていくことが使命と考えています。

 

〜大森果樹園の変革〜

1980年(昭和55年)  80aの畑にりんごを植える

1981年〜       りんご栽培拡大

           ブルーベリー栽培開始

           計10,000坪の果樹園になる。

1991年(平成3年)   当園生産の果実を使ったアイスクリームの製造・販売開始

2001年(平成13年)   栃木県知事よりエコファーマー認定受託

2002年(平成14年)   いちご栽培開始

 

 


 

◎エコファーマー認定

環境と調和のとれた持続的な農業生産方式に大切な3つの取り組み
◇良質堆肥等による土づくり
◇化学肥料の使用量の削減
◇化学農薬の使用量の削減

これらを一体的に行う生産方式を導入する計画を立て、
都道府県知事の認定を受けた農業者がエコファーマーです。

 

◎当園の取り組み

◇良質堆肥等による土づくり
 ・町土づくりセンターで作られた堆肥を、毎年10トン施肥しています。

◇化学肥料の使用量の削減
 ・堆肥を施肥することで、土に活力を与え、化学肥料の使用を減らしています。

◇化学農薬の使用量の削減
 ・性フェロモン(交尾かく乱剤)を枝にぶら下げ、5種類の害虫が交尾しても、
卵を産まないようにしています。
このことにより、殺虫剤の使用を従来の50%前後に減らしました。
・果樹園の雑草はモアで刈り取り、それを樹の根元にマルチとして使用し、
雑草の繁茂を防いでいます。